エアコンのクリーニングが必要な理由 |業務用エアコンの省エネ ~静岡県浜松市~

前回は、「夏本番を前に、自分でできるエアコンを使用する前にするべきこと」
書かせてもらいました。

冷暖房の効きや電気料金に関係するだけでなく、
カビが発生しやすい機器ですから、その防止、
そして、しっかりメンテナンスをすると長持ちします。

i-Mage.ブログ【Vol.0191】です。

今回は、なかなか自分ではできませんが、

エアコンのクリーニングについて。

 

フィルター意外は簡単に取り外しできませんが、

どうしても汚れやカビは出てきます。

アルミフィン洗浄前

 

 

 

 

 

エアコンは、熱を交換させるための機器ですが、

その熱交換がしにくくなります。

ドレンパン洗浄前

 

 

 

 

 

ファン洗浄前

 

 

 

 

 

室内に風を運ぶものが、

汚れていたり、

カビていたり、

想像するだけでカラダが痒くなってきませんか?

 

 

室内機を分解して洗浄する作業となります。

掃除機等で簡単に取れれば良いのですが、

高圧洗浄しないとなかなか取れません。

また、電気部品がありますので注意が必要です。

業務用エアコン分解洗浄(クリーニング)

 

 

 

 

使用環境により変わってきますが、

飲食店や喫煙するようなスペースであれば半年~1年に回程度、

店舗等で人の出入りが多いスペースで、2年に1回程度、

事務所等では、3~5年に1回程度が目安でしょうか。

 

洗浄するとこんなに変わります!

アルミフィン洗浄後

 

 

 

 

 

ドレンパン洗浄後

 

 

 

 

 

ファン洗浄後

 

 

 

 

 

「ハウスクリーニング」で検索、

若しくは、当社にご相談下さい。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)