業務用空調機の省エネ機器「TOP-Eco」は、こうして誕生した!

i-Mage.ブログ【Vol.0189】です。

 

冷媒リアクターパイプ「TOP-ECO」は、

業務用空調機を動かすエネルギー(電気・ガス)を

削減するための機器です。

 

使用エネルギーが減ることにより、

そのエネルギー料金を削減させることがきます。

また、トランプ大統領の

地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの

米国離脱発表がありましたが、CO2削減もできます。

 

さて、この「TOP-ECO」はどうして、

作られることになったのでしょうか?

 

【出会い】

理学博士である開発者が、

約9年ほど前、静岡県西部地方でのある交流会で、

某大手輸送機器メーカーの生産技術の方と出会い、

「電気料金削減する方法はないだろうか。」という

相談を受けたことが始まりです。

 

【気づき①】

開発者の親族がその企業に勤務していたという縁もあり、

その工場を見学・調査等した結果、

空調機が電気を多く使用していることが判明。

空調機の省エネ機器に着眼。

 

【気づき②】

空調機を調べていくと、

本体(室外機・室内機)は空調機メーカーが

あらゆる特許を取得しており手が出せない。

そこで、配管の中を通る冷媒に着眼。

 

以後、試作の始まりです。

TOP-ECO開発変遷

 

 

 

 

 

画像左から、初号機、一番右が製品化されたものです。

 

TOP-ECOは、更に改良を加えて昨年春登場しました。

TOP-ECO試作機1-2

 

 

 

 

 

 

 

 

試作機の1号と2号では、大きく変わりました。

材質も形状も異なります。

TOP-ECO試作機2-3

 

 

 

 

 

試作機2号と3号は、

上下が平らから丸みを持たせた。

 

このような数々の試作から、

実験を経て製品化されました。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)