クリーニング工場の暑さ対策 採用難の今、働きやすい環境整備が求められます。


i-Mage.ブログ【Vol.0175】です。

まだ、桜前線の話題の時期ですが、
4月に入ると、グッと気温も上がることもあり、
暑くなってからでは、間に合わないということもありますので、
早目に暑さ対策について書かせてもらいます。

「クリーニング工場の暑さ対策」

暑いだろうということは、想像に難くないですが、
実際に工場内を見させていただくと、想像以上でした。

エアコンの性能や屋根を含む建物の問題もあるかもしれませんが、
多量の熱や蒸気が発生し、夏季は相当な室温になります。

こうした中、対策は、やはり「スポットクーラー」でしょうか?

作業する方々に直接冷気が当たるようにして対応かと思いますが、
暑いクルマの中で、エアコンの冷気が直接当たるのと同じ感覚で、
体調には決して良いものではないのではないでしょうか?

プレス機等、熱を利用するものは、
直接当たる面は、熱が必要ですが、
他の箇所は熱い必要がありません。

ところが、この熱が周辺を暑くしています。

えこきーぱー

 

 

 

 

 

 

「えこきーぱー」は、

着脱式の断熱ジャケットで

放熱・表面温度を抑制し、

熱中症や火傷防止だけでなく、

省エネ効果も発揮します。

室内負荷が下がることにより、エアコンの効きの改善も期待できます。

 

サーモグラフィカメラを使い、測定・調査・解析を行い、

現状確認と問題点のレポートも作成し、提案させてもらいます。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)