快適空間の作り方 温熱感覚の6要素とは? その① 環境:温度

i-Mage.ブログ【Vol.0112】です。

人が感じる暑さ・寒さの感覚を「温熱感覚」と言います。

快適な空間を作り出すために、温熱感覚に影響を及ぼすものに何があるでしょうか?

大きく分けて、環境系の4つと人体系の2つに分けられます。

まずは、環境系で誰もが思い出す気温、室内であれば「温度」

 

建築基準法等でも、室内空気の環境基準として定まっているようですが、

温度は、17~28℃。

夏と冬では、異なりますので、

夏は、25~28℃冬は、17~22℃が快適範囲の目安となります。

 

常に、椅子に座って事務作業を行っている状態であれば、床上10㎝と110㎝の間で、3℃以内の温度差が理想です。

 

エアコンの室内設定温度を28℃にしている場合、室内が28℃になるとエアコンの運転が停止(弱運転)となるということですが、広いスペースの場合、どこでこの温度感知しているかを知っておく必要がありますね。

家庭用エアコンでは、人を感知するタイプや、室内の温度差を無くすといったタイプもあります。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)