業務用空調機 使用していない時は、電気料金はかからない? エアコンの省エネ

i-Mage.ブログ 【Vol.0088】です。

空調機を使っていないとき、電気料金は当然発生しないと思っていませんか?

ご使用されている機種によって異なりますが、

室内機の電源をoffにしていても、電気を使用しているものがあります。

空調機の電力の殆どは、圧縮機という通常室外機に入っているもので使われます。
リモコン等で電源offにしていれば、この圧縮機は停止していますが、
1時間に電気使用料金は1円に満たないレベルかもしれませんが、電気は流れています。

18時~9時までの15時間で、1台当たり10円程度かもしれません。

ところが、基本料金は普通に発生しています。

低圧契約で、空調機のみ使用しているケースでは、使用していない期間でも、通常の基本料金となっている場合があります。

事業所によっては、冷房期間を7月~9月、暖房期間を1月~2月と設定していたとします。

稼働していない、7か月は勿体無いですね。

で、どうすれば良いか?

ブレーカーを落とすです。

使っていない場合、電力会社等の約款に記載されていると思いますが、

例えば、中部電力は、「まったく電気を使用しない場合の基本料金は、半額といたします。」と記載されています。

使うときは、ブレーカーを戻し、少し時間を空けてから、稼働開始でOKです。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)