空調機の効きが悪くなったかなぁと感じたら。 冷媒液化を促進する冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」

i-Mage.ブログ 【Vol.0061】です。

空調機の効きが悪くなったなぁと感じたら、何箇所かチェックしてみる必要があります。

効きが悪くなったからと、設定温度で対応していたら電気代が大変なことになってしまいます!

 

まずは、簡単に素人でもできる 1.「室内機のフィルター」の掃除

使用環境にもよりますが、かなりの短期間でフィルターが目詰まりすることもあります。

扇風機で吸い取るか、水洗いして下さい。

 

 

次に、2.「室外機」の掃除

実は、室外機が非常に重要です。

室外機の薄い板のようなものが集まっているフィンが汚れていたら綺麗にしてください。

 

 

3.室外機の周辺の空気が通るようにする。

室外機周辺が熱が籠るようになっていたら、少しでも風通りをよくしてください。

周りにモノを置かない、草などを刈る、なるべく日陰にするなど。

 

 

ここまで、やっても改善されない場合は、

4.専門家へのメンテナンス依頼

空調機のメンテナンスを行っているところでチェックしてもらい、熱交換器の掃除や冷媒量の確認などを行ってください。

 

 

それでも改善されない場合は、

5.冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」の導入をご検討下さい。

勿論、4を飛ばしても問題ありません。

 

冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」は、空調機のアンチエイジング対策品です。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)