再生可能エネルギー買取価格減少 これからは自家消費+省エネ

昨日、2020年度の再生可能エネルギー買取価格等の
発表がありました。

太陽光発電に関しては、
住宅用事業用共に下がりました⤵

ソーラーパネル

これは唐突感があるものではないため
慌てふためく状況ではありませんね。

 

最近は、新築住宅でも多くのところで
ソーラーパネルが眼に入ります。

ZEH(ゼッチ)住宅を
前面に出しているところもあります。

特に、
断熱遮熱に関しては
後からの施工は大変ですので、
新築段階が望ましいですね。

 

売電から自家消費へ

買取価格(=売電価格)が下がったことで
ソーラーパネル等の設置費用を売電では
回収が難しくなってくることが予想され、

「自家消費」することで
電気料金を抑制
余ったら売電という流れになってきました。

 

 

自家消費+省エネ

自家消費を行うことで
環境面・経済面でも一安心

となるでしょうか?

自家消費量<発電量
とする必要があります。

そのためには、
空調費用を節約するための
断熱遮熱は重要です。

 

また、
諸々も省エネ化はとても重要になります。

 

業務用空調設備、冷凍冷蔵設備の
省エネ化は高効率機器への入替え
だけではありません。

まだ、やれることがある筈です。

 

i-Mage.ブログ【Vol.0371】でした。


にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

URL :
TRACKBACK URL :