見守りカメラの注目度アップ! 離れて住む家族、留守宅の確認ができて安心

昨日、浜松市内の某住宅型有料老人ホームさんから、
夜間業務負荷軽減のための
見守りカメラ導入のお話をいただきました。

また、先週末のTV番組内で、
出演中の某タレントが、
父親(有名俳優)宅に見守りカメラを設置して、
スマホから安否確認・声掛けをしている場面があり、
これで安心できている旨の発言をしていました。

最近では、高齢者でもスマホを保持している方が
珍しくなくなってきましたが、
まだまだ多くの高齢者は
スマホやパソコンを使えない方が多いと思います。

先日の停電時に、なかなか連絡が取れないということも
あったと思います。
短い時間でも連絡したい時に通じないのは心配ですね。

離れた家族・留守宅の確認 安否確認・声掛け

設置したカメラの映像をスマホで見て、
安否確認することができます。
また、声掛けができますので、孤独感解消にもなります。
SDカードをセットすることで、録画も可能です。

玄関等に置いて、
外出帰宅の確認や
外来者の確認になります。

認知症による徘徊が心配な場合、
外出時の時刻や服装が確認できます。

例えば、
デイサービスに週に何回か行っているものの
帰宅時間帯は、他に誰も居ないということはありませんか?

介護保険レンタル適用となる
認知症老人徘徊感知機器として登録品もあります。
(介護予防福祉用具貸与事業者をご紹介します。)

高齢者向け施設での利用

玄関等に設置することで、
防犯カメラの役割として使用するケースもあります。

見守りカメラパルモミニ

設置も自分ででき、室内用ですので、

簡単・安価に設置することができます。

廊下や集合スペース等に設置することにより、
有事の確認にも役立ちます。
有ってはいけないですが、
暴力行為等の確認になります。
設置による抑止力効果も期待できると思います。

 

 

 

 

今回の住宅型有料老人ホームさんからの要望は、
夜間スタッフの負担軽減です。

多層階を見回るのは大変ですので、
動体検知機能付きで、
検知した場合にスマホの通知が届き、
行動を起こすことができます。

勿論、映像確認・声掛けも可能です。

実は、次のステップとして、
コールシステムの導入も検討されています。
この同じスマホに対して、
各部屋から呼び出しがあった時に
通知が届くというものです。

停電時

どうしても、10月の大規模停電を思い出します。
固定電話は使えず、携帯電話もなかなか通じない。

この見守りカメラも
電源が必要です。
また、WiFi環境が必要ですので、
これも電源が必要です。

どうすれば良いでしょうか?

当社では、
ソーラーパネル1枚での蓄電システムを扱い開始しました。

長時間の停電時に困ったは色々ありましたが、
まず連絡手段が無いことでした。
携帯電話の充電もできない、
ラジオも思うような情報提供がされない。
情報確保も自ら取りに行くことが必要でした。

このソーラーパネル蓄電システムを使い、
通信環境と見守りカメラの電源として普段から使用。

真っ暗な中のトイレも困りましたので、
トイレの照明もこれから取れるとなお良いかもしれません。

 

見守りカメラの設置位置に関しては、
見守られる側のプライバシーに配慮して下さい。

画像・音声で見守り遠隔操作カメラ パルモミニ 通販ページ

見守りテレビ電話 パルモ 通販ページ (数量限定価格販売中)

i-Mage.ブログ【Vol.0304】でした。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)