割れ窓理論ではないですが、エアコンの省エネの第一歩は、

今年は、例年に比べ桜の開花が早かったですが、
その他の花々も早い感じがします。

最高気温も25℃を超える夏日も早かったです。

ということは、
またあの暑い夏も早く訪れるのでしょうか?

と言ってもなかなか実感がわかないのではないかと思います。

猛暑で、寝苦しい日が続いても、
涼しい日が1週間も続けば忘れてしまいます。

忘れる!ということは、
人にとっては大切なことかもしれませんね(笑)

話が逸れたついでですが、
歳を重ねるに従って、覚えるのが苦手になってくるとともに、
忘れやすくなるということがあると思います。
実は、若い人より、多くの情報を蓄積しているからだとも。

 

さて、「割れ窓理論」ですが、
窓が割れたり、汚れたままの状態でいると、
他の窓も割られたり、汚されるということですね。
逆に、きれいな状態にしていれば、
汚いのが目立ちますから、すぐ掃除をするということになります。

では、エアコンの省エネとどう関係するのか?

自動車の整備は定期的に出すかと思います。
法律で定められていることもありますが、
不具合があったら困りますし、燃費等も悪くなることも
分かっていますので、実施すると思います。

ところが、エアコンはどうでしょうか?
定期的な点検って、そもそも必要か?と
思われるかと思います。

専門の会社に点検を依頼するまでもなく、
自分達で最低限のことはやることは可能です。
本体(室内機・室外機)の内部を見るということでなく、
以下のようなことです。

室内機の
・フィルター掃除
・吹出し口の掃除
・吹出し固定であればその向きの調整など
室外機の
・吹出し口付近に草葉や熱を遮るものがあれば除去
・吸い込み口に草葉がついていれば除去

特に、室外機は、どこに置いてあるかも知らない、
数年に一度しか見ないという方も多いのではないでしょうか。

 

大手の掃除の行き届いた会社でも、
共有スペースのエアコン掃除はされていないということが
多いというのが実感です。
フィルターが目詰まりするレベルでは、
かなりの無駄が発生しているということになります。

 

エアコンも定期的に掃除をすることにより、
その効果を発揮しやすくなります。

とはいえ負荷がかなりかかりますので、
経年劣化はしていきます。
特に大きい業務用エアコンは。

当社では、エアコンのクリーニング
配管に接続するだけで効果を最大限発揮させる
冷媒リアクターパイプ「TOP-Eco」をおススメしています。
今ある設備を最期まで効率よく使うことを
コンセプトに作られています。

 

i-Mage.ブログ【Vol.0251】でした。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)