節税対策 | できることをやり、先の見えない不安対策に 省エネ対策

年度末を控え、
ある程度の予測が立ち、
結果は如何でしたでしょうか?

「忙しいが・・・」

ということを良く聞きます。

不安な忙しさ。

思うように人手を確保できないということも。

 

結果が良かった場合、
「少しでも税負担を少なく」と考えると思います。

節税の目的は、
「より多くのお金を会社に残すことで資金の効率化を図る。」

資金が出ない、かつ、節税効果が高いもので、
決算期にできるものは、

未払い費用の計上 と言われます。

人件費、会社負担分の社会保険料、
消費税、固定資産税、光熱費・通信費など

 

資金が出るものの、見えない将来のコスト削減のために、
エアコンの省エネは如何でしょうか?

冷媒リアクターパイプ「TOP-Eco」は、
業務用空調機の省エネ対策におススメです。

今なら、
「中小企業者等の
少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」
を使って節税できる可能性があります。

一括損金を話題にしたブログをご参照下さい。
http://wp.me/p6GRmZ-pq

 

i-Mage.ブログ【Vol.0214】でした。

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)