エアコンをこまめにオンオフすると、余計に電気代がかかる?

連日、最高気温が30℃を超え、
昨晩は、かなり蒸し暑い夜でした。
最近は、7月10日頃に梅雨明けしていたと思いますが、
まだ梅雨明けの発表はされませんね。

i-Mage.ブログ【Vol.0195】です。

最近、時々見聞きするかと思いますが、

エアコンは、つけっぱなしと、こまめにオンオフとで

どちらが電気代が少なくなるのか。

 

使用されている地域や建物の構造、エアコンの種類等によって

変わってきます。

ただ、エアコンは運転開始時に一番電気を使用します。

 

最近の省エネ型住宅で、新しいエアコンを使っている場合は、

つけっぱなしの方が電気代が掛からないことが多いのではないかと思います。

 

スマートメーターやEMSなどが付いている場合は、

検証できますね。

 

次のグラフは、茨城県南部の某施設の事務所で、
電力量と外気温を測定したものです。

7月3日(月)と7月10日(月)は、
気温の推移も近く、比較に適していました。

7月3日は、1日中エアコンをつけっぱなし。
7月10日は、出勤後エアコンをつけました。

エアコンの夜間停止

 

 

 

 

結果は、一目瞭然。

出勤してから、エアコンをつけた方が、
約15%電気使用量が増加しました。

夜間の気温が高めということもあります。

 

此方へのエアコン運用のご提案としては、

「夜間は、28℃など少し高めの温度設定で運転したままにして、

日中、暑くなった時に少し温度設定を下げる。」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)