【工場・物流センター向け】空調機のピークカットで、電気料金を削減する方法

i-Mage.ブログ【Vol.0185】です。

工場や物流センター等の空調機の

電気使用量のピークをカットして、

電気料金の基本料金を削減しませんか?

 

電力の自由化で、単価の見直し等は実施されていると思いますが、

今回ご案内させていただくのは、使用量を抑制するものです。

基本料金 = 使用量(kwh) × 単価(円)

ですから、両方が10%ずつ削減されると、

0.9×0.9=0.81となります。

つまり、19%削減となります。

 

では、その方法について。

まず、この方法は、厳格な温度管理を行うところには不向きです。

その場合は、別途方法があります。

 

1.冷媒リアクターパイプ「TOP-ECO」設置

配管に加えるだけで、冷媒を本来の機能に回復させ、更に効率的にします。

室内環境及び室外環境とも同一であれば、10%以上の消費電力削減効果が見込めます。

 

2.TOP-Eco Controller(TEC)設置

空調機の消費電力の約90%を占めるコンプレッサーの

負荷状況を感知し、適切なタイミングでコンプレッサーの

稼働をコントロールします。

TOP-Eco設置工事と共に設置することにより、安価でご提供します。

※TOP-Eco Controllerのみの設置は対応しておりません。

TEC(TOP-Eco Controller)

 

 

 

 

 

 

単純に、一定間隔で、一定の時間を停止するというものではありませんので、

コンプレッサーの負荷が増加しないように制御を行います。

 

デマンド監視をしていて、

ピーク前に事務所等の空調機を停止しているならコレです!

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)