省エネ効果測定 | 室内機の吹出し・吸込み温度測定 冷媒リアクターパイプ「TOP-Eco」

i-Mage.ブログ【Vol.0163】です。

冷媒リアクターパイプ「TOP-Eco」の省エネ効果を検証するための、測定機器の設置に行ってきました。

①消費電力を測定する電力量測定機
室外機が動いて、空調稼働する電力量を測定します。

②室外機の吹込み温度
室外の熱と室内の熱を交換するため、室外機に吹き込まれる温度により、エネルギー使用量は変動します。

室内機 温度測定

室内機 温度測定

 

 

 

 

 

 

③室内機吸込み温度
通常、この温度を感知して動作が変わります。

④室内機吹出し温度
吹出し温度が冷房の場合冷たく、暖房の場合暖かくなりますが、③室内機吸込み温度との差が少なくなると、消費電力は多くなってしまいます。

 

画像赤丸の部分に、温度ロガーが付いていますが、ボタン電池状のもので、5分間隔設定で約14日程度のデータ保存が可能です。
しかも、電池内蔵!

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)