ご案内です。静岡県/温室効果ガス排出削減報告書等を作成されている事業者様 | 機器入れ替え以外で空調省エネを行う方法

i-Mage.ブログ【Vol.0145】です。

静岡県では、地球温暖化防止条例で、規則で定める事業者に「温室効果ガス排出削減報告書等」を作成し、県に提出し、県が公表することとなっています。

よく聞こえてくる内容としては、「今までずっと継続して活動してきて、もうやることがない。」というものです。

空調機の場合、高効率機器への入替えにより対応するということもあります。

ただ、簡単には交換できない(時間・費用面など)というモノもあります。

まだ使える機器を廃棄しての入替えは、廃棄及び機器製造段階の温室効果ガス排出もあります。

通常、空調機は15年~20年程度使用するのではないでしょうか。

と、すると、空調機の環境対策としては、『温度設定の徹底』や『使用時間の徹底』といった効用面での対応や、『フィルター掃除』等ですが、これらはもう既に実施済み。

 

冷媒リアクターパイプ「TOP-Eco」は、既設空調機の冷媒配管に追加するだけで、使っている分の消費電力を削減します。

強制的な制御などはまったくありません。冷房も暖房にも効果があります。

TOP-Ecoは、今お使いの空調機の冷媒配管に追加するだけで、消費電力を削減します。

TOP-Eco

 

 

 

 

 

 

 

新電力への切り替えで、契約単価は下がりますが、契約電力・使用電力量を削減しませんか?

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)