省エネ・eco(エコ)で、利益を出す その1 省エネによる削減を売上換算すると…

i-Mage.ブログ【Vol.0133】です。

省エネ・エコ対策を行う場合、

まずは、お金をかけずにすぐできる運用面での対応があります。

空調機では、設定温度の管理や運転時間の管理などを行っているのではないでしょうか。

毎年、1%ずつの削減は、なかなか難しいのが現状だと思います。

 

一方、企業の50%を超えるところで、販路拡大経費削減を上げています。(静岡県西部景況レポートより)

売上の停滞・減少が大きな問題となっているからです。

利益を出すためには、売り上げを増やすか、経費を削減するかです。

 

売上が増加した場合、様々な経費も掛かりますが、経費削減は、その削減分がそのまま利益です。

%e7%9c%81%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%82%92%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e6%8f%9b%e7%ae%97

 

 

 

 

この利益を売上に換算してみます。

売上100,000千円、光熱費3,000千円とし、売上営業利益率が2%とすると、営業利益は2,000千円。

ここで、仮に光熱費を10%削減すると、この光熱費削減分300千円が営業利益に加算されます。

この営業利益300千円を売上増加で確保しようとすると、売上営業利益率2%ですから、15,000千円の売上が必要となります。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)