そうだったのかシリーズ エアコンは、冷気・暖気など熱を発生させない!

i-Mage.ブログ【Vol.0132】です。

そうだったのかシリーズ、今回はエアコンについて。

電気ストーブ等は、その機器自体が熱を発生させていますが、エアコンも同様?

実は、エアコンは、室内の熱と室外の熱を交換して、室内を冷やしたり、暖めています。

ん???

真夏の暑い日に、室外の暑い熱を室内の熱の交換しても冷えないが?

ただの入替えでは、窓を開けるのと一緒ですが、冷房の場合、熱い熱を室外に移動、暖房の場合は、外の暖かい熱を室内に移動させます。

冷房の時は、室外機のファンの近くに行くと、熱い風が出ていて、暖房の時は逆に冷たい風が出ていると思います。

室内機と室内機を結んである配管に冷媒が入っていて、これを気体・液体に変化させ、この時の気化熱・凝固熱を利用しています。

%e6%b0%97%e5%8c%96%e7%86%b1%e3%80%80%e5%87%9d%e5%9b%ba%e7%86%b1

 

 

 

冷房の場合、室外機から液体が室内機に移動し、室内機で気化熱が発生し、室内の熱を奪うイメージです。

皮膚にアルコールを塗ると、スゥーっとするのと同じです。

 

冷媒リアクターパイプ「TOP-Eco」は、室外機で気体が液体に変化し、液体となって通っていなければいけない配管内に、液化が十分でなく気体が混ざった状態になることがあり、この解消も行います。(液化促進)

液体と気体が混ざった状態では、液体から気体に変わる時の気化熱を利用したいのですが、気体から気体では気化熱が発生しませんので、冷たい風が出てこないということになります。

%e6%b0%97%e6%b6%b2%e4%ba%8c%e7%9b%b8

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)