虫刺されと思ったら、帯状疱疹と診断されクスリを処方されました。疾病も省エネも処置は早い方が効果あり。

i-Mage.ブログ【Vol.0124】です。

先週木曜日位から、左後頭部に違和感を感じ出し、翌金曜日に長時間の自動車移動をしている際、後頭部だけでなく、首から肩とリンパ腺に沿ったところで、数か所腫れっぽさを感じました。

触った感じでは、虫刺されか吹き出物のような感じです。

そして、土曜日の朝、その腫れがさらに膨らんだ感じがしました。リンパ腺に沿っているというのが嫌な感じで、1件用事が済んでから病院に行くことに。

ここで、悩みが!

さて、内科?、整形外科?、皮膚科?

自分の感覚では、虫刺されという感じでしたので、皮膚科を選択しました。

結果、皮膚科で正解でした。

 

問診が始まり、腫れている箇所を見てもらうと即、「これは、帯状疱疹の始まりだね!」

まさに、エッ!!!でした。

まったく予想していない内容。帯状疱疹は、お腹や背中というイメージもあったからです。

クスリを処方してもらいましたが、かなり効果があるようです。

クスリ

 

 

 

 

あとで調べると、何でもそうかもしれませんが、帯状疱疹は、早めに処置すると治りが早くかつ軽く済むということでした。

 

ついつい、仕事と重ねてしましますが、

省エネ・節電対策も、予防段階ではなかなか進まず、問題が大きくなってから一気に対応する。

早めに処置(予防)する方が、費用も少なくて済むだけでなく、その効果も大きいですね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)