電力の小売自由化で、電気料金は安くなる?安定供給されるの?

i-Mage.ブログ 【Vol.0059】です。

2016年4月1日から、一般家庭向けの電気の小売販売への新規参入が可能になります。

この結果、全ての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。(電力の小売全面自由化)

 

電力は、発電所 → 送電線 → 変電所 → 配電線 の経路をたどり、使用者に届きますが、この小売り部分が自由化されるということです。

送配電ネットワーク

送配電ネットワーク

 

 

出典:資源エネルギー庁

 

 

さて、この自由化になることで不安なことは?

自由化についての認知度

自由化についての認知度

 

 

 

出典:資源エネルギー庁電力基本政策小委員会

 

1.今の契約はどうなるの?

消費者保護のため、自由化後も少なくとも2020年4月までは、今と同じ電力会社・料金メニュー(=規制料金メニュー)でも電気を買えるため、あと4年間は、規制料金以内の料金ということになります。

2.契約先を変えても安定供給されるの?

送配電網の中立化は大前提です。この部分は、既存電力会社の独占のままです。

 

 

詳しくは、資源エネルギー総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会電力基本政策小員会(第2回)配布資料
コチラ → 小売り前面自由化の広報(pdf)

電力の小売でどのようなプランになるのでしょうか。

(参考)小売各社から提供される様々なプランのイメージ (資源エネルギー庁エネルギーシステムの一体改革について)

 

今回は、省エネというより、電気料金見直しの情報でした。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)