一番じゃなきゃダメな理由。もっと学生時代勉強しておけばよかったこと

i-Mage.ブログ 【Vol.0053】です。

今年のノーベル賞文学賞も村上春樹氏の受賞ならずで、残念でした。

しかし、毎年期待されるってスゴイですね。

下世話な話ですが、ノーベル賞の賞金は、経済学賞以外は、所得税法上非課税ということです。経済学だけ賞金の出所が違うようです。

 

物理学賞の東京大学の梶田教授の、「素粒子の一種であるニュートリノの振動を発見することで、ニュートリノに質量があることを証明。」ですが、お恥ずかしながら、「すごいことなんだろうなぁ~」というのが感想です。

光電子倍増管

光電子倍増管

 

 

 

 

 

 

この、「スーパーカミオカンデによるニュートリノ研究」ですが、行政刷新会議の事業仕分けで予算縮減と評定されていたんですね。

「一番じゃなきゃダメですか?」は、当時大きなインパクトがありましたが、

日本で一番高い山や日本で一番面積の広い湖は答えられても、2番目が答えられない^^;

スポーツでも、2位3位になること運が良ければなるかもしれませんが、1位になるのは大変です。

この物理学賞や化学賞は1番じゃなければダメですよね。

 

 

さて、冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」の説明をする際には、当然、冷媒(フロンガス)の話題になります。

この構造を説明する際に、フッ素などの原子の話になりますが、まったく不得手な分野でした。

この化学。現在、もっと学生時代に勉強しておけばよかったと思っている教科の1位です。

因みに、2位は英語

3位は、教科ではありませんが、習字です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)