冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」 Q&A 【冷凍機油】

冷凍機油(れいとうきゆ)

冷凍空調機器において、冷媒と共に循環し、冷媒を圧縮するためのコンプレッサー(圧縮機)の潤滑をするための潤滑油。

コンプレッサーの潤滑を優先に考えると、量を多くする必要がありますが、冷媒サイクルに必要な冷媒の量が減り、能力が低下してしまいます。そのため、この比率が大事になってきます。

一般的に冷媒と相溶性を持つ冷凍機油が使用されていますが、長期間使用している中で油の粘性が高く成り、冷媒の流れを阻害し効率及び効果に悪影響(劣化)を及ぼします。
冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」は、この粘性を改善し潤滑効率を高め、冷凍サイクルの効率を向上させる効果が期待できます。

また、コンプレッサーをはじめ、空調機の延命を図ることも期待できます。

冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」は、冷媒のみならず、潤滑油も活性化させます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)